PMSは健康食品で改善できる|イライラ症状が激減

レディー

つらい時期も快適に

女性

サプリメントなら安心

PMSとは月経前症候群の略語で、月経前に現れるさまざまな不快な症状のことです。人によって症状や重度は違いますが主な症状として肌荒れやむくみ、頭痛や腰痛、眠気や便秘などが挙げられます。体の不調だけでなく心にも不調をもたらし、憂鬱になったりイライラしたり、ときには人に当たってしまうこともあります。このPMSに苦しむ女性は多く、改善できる方法を探している人も多数にのぼります。仕事や普段の生活に支障をきたすほどの重度の症状がある人は婦人科を受診する必要があります。婦人科でホルモン療法などを受ければ症状を和らげることができます。もっと自然な方法でPMS対策をしたい女性にはハーブ系のサプリメントがおすすめです。体に優しく穏やかに効き、だんだんと体質を改善することができるので注目されています。

効果の高いおすすめハーブ

PMSに効果があるといわれているハーブはチェストベリーやピクノジェノール、月見草などが知られています。チェストベリーは西アジアや地中海地方に自生するチェストツリーの実で、女性ホルモンに似た作用があり婦人科系の症状に働きかけるハーブとして古くから珍重されていました。ピクノジェノールはフランスの海岸に自生する松の皮の成分です。優れた抗酸化作用が特徴で、PMSだけでなく子宮内膜症にもよく効くといわれています。月見草は日本にも自生している草で、生理前の胸の張りの緩和に効果が高いといわれます。これらのハーブをサプリメントなどで毎日の生活に取り入れることで体に負担をかけずにPMSを改善することができ、今後女性のあいだに広く浸透していくことが予想されます。