PMSは健康食品で改善できる|イライラ症状が激減

レディー

更年期を乗り切ろう

薬

その原因と症状とは

更年期障害は、閉経により卵巣の働きが衰え女性ホルモンのエストロゲンが減少してしまうことで起こる症状です。エストロゲンが減少すると体内のホルモンバランスが崩れ自律神経の調節がうまくいかなくなります。自律神経が不調になると体に色々とな変化が起こり体調不良を起こしてしまうのです。その主な症状は肩こり、頭痛、のぼせ,ほてり、不眠,動悸、息切れ、不安、イライラなど様々なものがあります。これは人によって症状は違ってきますが、肉体的なものと精神的な症状とに分けられます。更年期障害の治療法は大きく分けて3種類ありホルモン補充療法、漢方薬、抗うつ薬などの治療があります。これらは一部の漢方を除いて健康保険が適用されるので安心です。

効果的な治療法とは

更年期障害を治療する方法の一つとしてホルモン補充方法があります。これは、減少したエストロゲンを薬で補充する療法で、のぼせやほてり、動悸、不眠症などを改善します。この薬は、更年期障害の根本治療を目的としたもので自律神経の不調を改善します。また漢方薬による治療は、ホルモン補充療法ができない場合やその症状が多岐に渡る場合に使われます。そして抗うつ薬による治療は、更年期障害が重症化してうつにおちいった場合に使われます。また、抗不安薬なども使われる場合があります。これもホルモン補充療法が効果が無かったり使用できない場合に使われています。それにうつの場合は、薬物治療と並行して精神科や心療内科でのカウンセリングも行われています。